手続:自己破産
性別:男性
年代:50代
借金額:8328万円

依頼者の状況

依頼者は、住宅ローンを含む債権者12社から、合計8328万円の借金がありました。
住宅は約20年前に任意売却されていましたが、住宅ローンの完済には至らず、遅延損害金が付いて、返済がおよそ不可能な額に膨れ上がっていました。

当事務所の対応と結果

当事務所の弁護士は、依頼者の借金の総額と収支の状況をお聞きして、自己破産が相当であると判断しました。
依頼者も自己破産の方針に同意されたため、当事務所の弁護士は自己破産の申立てに向けて準備を進めていきました。

しかし、自己破産の申立て準備中、依頼者が債権の存在を一部失念しており、ご依頼後も自動引き落としが継続されていたことが判明しました。
その金額は、1万数千円でした。
このように、特定の債権者に対してだけ弁済(自動引き落としを含む)することを、偏頗弁済(へんぱべんさい)と言います。
偏頗弁済は、破産法上、免責不許可事由に該当する可能性があり、事案により、免責(借金の免除)を受けられなくなるおそれがあります。
また、免責を受けられるとしても、事案の調査等のために破産管財人が選任され、手続の費用が増加する可能性がある事態でした。

これに対し、当事務所の弁護士は、「確かに依頼者には偏頗弁済の事実があるものの、当該債権の存在を失念していたものであって悪意はなく、金額も少ないため、破産管財人を選任せずに同時廃止事件で手続を進めていただきたい」という趣旨を記載した書面を、裁判所に提出しました。
その結果、破産管財人が選任されることはなく、同時廃止事件で進行することとなり、免責の許可を無事に受けることができました。
このように、偏頗弁済の事実があったものの同時廃止事件となり、余分な費用をかけることなく借金の免除を受けることに成功しました。

所感(解決のポイント)

自己破産では、偏頗弁済などの事実がある事案にもたまに出くわします。
このように問題となる事実が存在する事案であっても、その程度が軽微なものであれば、同時廃止事件で手続を進行させられることもあります。
また、もし管財事件となって破産管財人が事案の調査等を行う場合であっても、問題となる行為が相当悪質・重大とまでは言えなければ、免責を受けることができます。
当事務所では、偏頗弁済などの事実があるようなイレギュラーな自己破産の事案についても、解決実績が豊富にございます。
借金問題でお困りの方は、借金の原因・経緯のいかんにかかわらず、まずはお気軽に当事務所にご相談いただければと存じます。

お客様の声

破産の手続がおわり本当にありがとございました。
これから安心した生活が出きます。

※クリックすると拡大されます。

解決事例の一部をご紹介させて頂きます

No 解決事例
1 50代の男性が自己破産をし、借金の原因の一つにギャンブルがあるものの免責を許可され、1347万円の借金が免除された事例
2 40代の男性が民事再生(個人再生)をし、借金の総額と月々の返済額を大幅に減額した事例
3 20代の男性が任意整理をし、月々の返済額を半減させた事例
4 30代の男性が完済済みの金融業者2社から合計180万円の過払い金を取り戻した事例
5 50代の男性が自己破産をし、408万円の借金が免除されたうえ、自由財産の拡張の手続によって、32万円の現金を手元に残した事例
6 40代の男性が民事再生(個人再生)をし、ローンで購入した住宅を維持したまま借金の総額と月々の返済額を大幅に減額した事例
7 30代の個人事業主(飲食業)が自己破産をし、663万円の借金が免除された事例
8 建設業を営む会社と代表者等が自己破産をした事例(借金総額1億6000万円)
9 元金と遅延損害金を合わせて130万円の請求の裁判を起こされた60代の男性が、消滅時効の援用をし、返済の義務を免れた事例
10 50代の男性が、合計100万円の返済が残っていた金融業者2社から、合計835万円の過払い金を取り戻した事例
11 設備工事・販売業を営む会社が自己破産をした事例(借金総額6700万円)
12 貸金業者2社に合計50万円の借金があった30代の男性が、消滅時効の援用によって返済の義務を免れるとともに、信用情報における事故情報の抹消等を実現した事例
13 30代の男性が、いったんは任意整理をしたものの、予期せぬ減収が生じて返済が困難となったことから、民事再生(個人再生)を申し立てて、返済総額と月々の返済額を大幅に減額した事例
14 30代の男性が、民事再生(個人再生)を申し立てて、返済総額と月々の返済額を大幅に減額した事例
15 30代の男性が、以前に行った任意整理による返済の継続が困難になったところ、住宅資金特別条項付個人再生の利用により、ローン返済中の住宅を維持したまま、無理なく返済できる再生計画の認可を得た事例
16 50代の男性が自己破産をし、特定の債権者に対する弁済(偏頗弁済)の事実があったものの同時廃止事件となり、免責を許可されて8328万円の借金が免除された事例
17 債権者から預金口座の差押えを受けた70代の男性が、差押範囲変更の申立てをするとともに、債権者に対して消滅時効の援用をしたことで、差押えが取り下げられて、260万円の返済の義務を免れた事例
18 卸売業を営む会社と代表者が自己破産をした事例(借金総額6300万円)
19 40代の個人事業主(大工)が自己破産し、2051万円の借金が免除された事例