弁護士木村哲也

「収入が減ってしまったので、借金の返済を維持できなくなった。」
「借金の返済が苦しく、可能であれば月々の返済額を軽減したい。」
「住宅ローンのほかに多額の借金を抱えてしまっているが、家を何とか維持する形で借金の整理ができないのか?」
「過払い金があるのであれば、取り戻したい。」
「10年近く前の借金について、債権回収会社からの督促状が突然送られてきて困っている。」

借金問題でお悩みの方はいらっしゃいませんでしょうか?

借金問題は、借金・債務整理の手続を取ることで、解決することができます。
借金・債務整理の手続によって、苦しい借金生活から解放され、平穏な生活を取り戻していただくことが可能です。
借金・債務整理の方法としては、主に、自己破産、民事再生(個人再生)、任意整理の3つがあります。
どの手続を選択するかは、借金の総額、家計の収支、財産の状況などを踏まえて判断することとなります。
借金問題をベストな方法で解決していただくためには、まずは専門家である弁護士にご相談いただくのがよいでしょう。

また、過払い金(利息制限法の法定利率を超える払い過ぎの利息)を取り戻すことができれば、生活の大きな助けになることと存じます。
過払い金返還請求には、取引終了から10年で時効にかかってしまうという問題もありますので、早めに弁護士にご相談いただいたうえで、回収に着手するのがよいでしょう。

そして、5年や10年以上返済していなかった借金について、最近になって突然請求を受けるというケースも多数発生しています。
実は、金融業者からの借金は、銀行や消費者金融などについては5年、信用金庫や保証協会などについては10年で時効にかかります。
このような時効にかかった借金については、適切な時効援用の意思表示を行うことで、返済を免れることができます。
昔の借金について突然請求を受けた場合には、慌てて返済の話を進めてしまってはいけません。
返済の合意をしてしまった場合や、1円でも返済してしまった場合には、せっかく時効が成立していても、時効の効力がキャンセルされてしまいます。
そうなる前に、一刻も早く弁護士にご相談いただくことが大切です。

八戸シティ法律事務所では、これまでに、自己破産、民事再生(個人再生)、任意整理、過払い金返還請求、消滅時効の援用について、数多くのご相談・ご依頼をお受けし、解決に導いて参りました。
借金・債務整理についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談ください。
八戸シティ法律事務所の弁護士が、借金問題のエキスパートとして、最適のアドバイスとサポートを提供させていただきます。