手続:過払い金返還請求
性別:男性
年代:50代
借金額:100万円

依頼者の状況

依頼者は、金融業者2社(A社・B社)に、合計100万円の借金がありました。
取引期間は、A社が23年、B社が24年でした。
依頼者は、全国的なCMや全国各地での出張相談会で知られる東京の弁護士事務所に、債務整理の依頼をしていました。
ところが、依頼から4か月ほど経って突然、その弁護士事務所は、裁判所から破産宣告を受けました。
そして、依頼者は、依頼をしていた件の進捗状況が全く分からず、過払い金が発生しているのかどうかも知らされていない状況で、当事務所のご相談に来られ、当事務所で状況確認から対応することでご依頼となりました。

当事務所の対応と結果

当事務所の弁護士は、A社・B社に対し、すぐに受任通知を送付し、取引履歴を取り寄せるとともに、破産宣告を受けた弁護士事務所との交渉状況を確認しました。
当事務所において、利息制限法による引き直し計算を行ったところ、A社・B社とも過払い金が発生していることがわかりました。
また、A社・B社ともに、破産宣告を受けた弁護士事務所とはまだ和解はしておらず、過払い金の支払もしていないことが判明しました。

そこで、当事務所の弁護士は、十分な金額の過払い金を回収するために、依頼者の同意を得たうえで、A社・B社に対して訴訟(裁判)を提起しました。
当事務所の弁護士が訴訟手続を進めた結果、A社から335万円、B社から500万円の過払い金を取り戻すことに成功しました。

所感(解決のポイント)

全国的なCMや全国各地の出張相談会でも知られる東京の弁護士事務所が、裁判所から破産の宣告を受けました。
この弁護士事務所に過払い金返還請求の依頼をしていた方は多いと思われます。
本件では、幸い、その弁護士事務所と金融業者との和解は成立していなかったことから、当事務所の弁護士が依頼を受けて、金融業者に対して訴訟を提起し、過払い金を取り戻すことができました。

お客様の声

15年以上借金に苦しんでおりましたが、過払金返還請求により身軽になりました。
些細な事案でも一度弁護士さんへ相談して問題の解決が出来ると思いますよ。

※クリックすると拡大されます。

解決事例の一部をご紹介させて頂きます

No 解決事例
1 50代の男性が自己破産をし、借金の原因の一つにギャンブルがあるものの免責を許可され、1347万円の借金が免除された事例
2 40代の男性が民事再生(個人再生)をし、借金の総額と月々の返済額を大幅に減額した事例
3 20代の男性が任意整理をし、月々の返済額を半減させた事例
4 30代の男性が完済済みの金融業者2社から合計180万円の過払い金を取り戻した事例
5 50代の男性が自己破産をし、408万円の借金が免除されたうえ、自由財産の拡張の手続によって、32万円の現金を手元に残した事例
6 40代の男性が民事再生(個人再生)をし、ローンで購入した住宅を維持したまま借金の総額と月々の返済額を大幅に減額した事例
7 30代の個人事業主(飲食業)が自己破産をし、663万円の借金が免除された事例
8 建設業を営む会社と代表者等が自己破産をした事例(借金総額1億6000万円)
9 元金と遅延損害金を合わせて130万円の請求の裁判を起こされた60代の男性が、消滅時効の援用をし、返済の義務を免れた事例
10 50代の男性が、合計100万円の返済が残っていた金融業者2社から、合計835万円の過払い金を取り戻した事例