手続:会社の自己破産
業種:建設業
借金額:1億6000万円

依頼者の状況

建設業を営む会社の自己破産について、代表者からご相談いただきました。
工事受注の減少のために経営状況が悪化する中で、主要銀行からの追加融資を断られてしまったために、事業の継続が困難になりました。

また、代表者および親族1名が会社の銀行融資の連帯保証人となっていました。
そのため、会社の自己破産と同時に、代表者および親族1名も自己破産の申立てをすることが必要な事案でした。

当事務所の対応と結果

当事務所の弁護士は、自己破産の依頼を受けたあと、速やかに、会社の従業員の解雇や事業所の閉鎖など、必要な措置を講じました。
そのうえで、当事務所の弁護士は、破産手続開始申立書の作成や必要書類の収集・整理などを進め、会社と代表者および親族の自己破産を裁判所に申し立てました。

間もなく、裁判所が破産手続開始決定を出し、破産管財人が選任されました。
そして、破産管財人が会社の財産の売却処分や滞納税金の弁済などをし、会社と代表者および親族の自己破産の手続が終了しました。
代表者および親族の自己破産手続では、当事務所の弁護士が「自由財産の拡張」」の制度を利用し、預貯金や生命保険の一部を手元に残すことができました。

当事務所の弁護士の対応によって、自己破産の準備から申立て、手続の終結までスムーズに進行させることができました。
また、代表者および親族の一定の財産を手元に残しながら、連帯保証債務の免除(免責)によって、平穏な生活を取り戻していただくことができました。

所感(解決のポイント)

会社の自己破産では、従業員の解雇、事業所の閉鎖、必要書類の収集など、膨大な業務を計画的に進めていくことが必要です。
自己破産の手続を確実に終結に導くためには、会社の自己破産に強い弁護士にご相談・ご依頼いただくことをお勧めいたします。
当事務所では、これまでに、会社の自己破産の事案を多数取り扱って参りました。
依頼・解決の実績も豊富にございますので、お気軽に当事務所にご相談いただければと存じます。

解決事例の一部をご紹介させて頂きます

No 解決事例
1 50代の男性が自己破産をし、借金の原因の一つにギャンブルがあるものの免責を許可され、1347万円の借金が免除された事例
2 40代の男性が民事再生(個人再生)をし、借金の総額と月々の返済額を大幅に減額した事例
3 20代の男性が任意整理をし、月々の返済額を半減させた事例
4 30代の男性が完済済みの金融業者2社から合計180万円の過払い金を取り戻した事例
5 50代の男性が自己破産をし、408万円の借金が免除されたうえ、自由財産の拡張の手続によって、32万円の現金を手元に残した事例
6 40代の男性が民事再生(個人再生)をし、ローンで購入した住宅を維持したまま借金の総額と月々の返済額を大幅に減額した事例
7 30代の個人事業主(飲食業)が自己破産をし、663万円の借金が免除された事例
8 建設業を営む会社と代表者等が自己破産をした事例(借金総額1億6000万円)