過払い金とは、貸金業者が利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことをいいます。

この利息は本来支払うべき金額以上のお金なので、一定以上の条件をクリアすれば債務者は、債権者に差額分を返還してもらうことができます。

これを過払い金返還請求といいます。

過払い金返還請求ができる人

借入期間が5年以上、かつ金利が18%を超える方は過払い金の返還請求ができる可能性が高いです。

過払い金返還請求のメリット・デメリット

メリット

●債権者に払いすぎたお金を取り戻すことができます。
●ブラックリスト(信用情報)などには掲載されません。

デメリット

特にありません。

弁護士に頼むメリット

●煩雑な手続は弁護士が対応しますので、時間を取られることはほとんどありません。
●弁護士は貸金業者との交渉経験が豊富なので、依頼者個人で交渉をするよりもより良い条件を勝ち取ることができます。

過払い金返還請求の流れ

①依頼後すぐに債権者に受任通知書を発送
⇒委任契約を締結後、弁護士が速やかに受任通知を各債権者へ送付します。この通知により各債権者からの取立、督促はストップします。

②取引履歴の取得・調査
⇒貸金業者からこれまでの取引履歴を取り寄せます。開示された取引履歴をもとに利息制限法に基づき引き直し計算をし、過払い金の有無および額を特定します。

③過払い金が発生していた場合は請求手続き
⇒引き直し計算によって算出した金額をもとに貸金業者に対して返還請求をし、返還金額、返還期日について決めます。一般的に、訴訟(裁判)によって請求手続きを行うのが、早期により高額の過払い金を回収できる可能性が高いです。

④過払い金の返還
⇒過払い金の返還金額、返還期日に従って、指定口座に入金されれば、手続が終了となります。

八戸シティ法律事務所の過払い金返還請求に強い弁護士の対応料金

●初回相談料:無料
●過払い金返還請求の依頼:回収額の20%+税
※返済が終わっていない場合には、金融業者1社につき4万円+税を加算します。

過払い金返還請求についてはこちらもご覧下さい

過払い金返還請求
●借金を完済した方の過払い金返還請求について
●過払い金返還請求と時効について
●過払い金の裁判による回収と交渉による回収
●過払い金返還請求における争点