手元の財産の評価額が20万円を超える場合などは、管財事件に割り振られて破産管財人が選任されます。
そして、破産管財人が破産者の財産を処分・売却し、債権者への配当などにあてることを目指すのが基本的な流れとなります。
しかし、破産手続開始決定後に取得した財産や、家財道具などの通常の生活用品は、処分・売却の対象とされず、手元に残せます。
また、「自由財産の拡張」の申立てを行うことで、一定の範囲の財産を、合計99万円まで手元に残せます。

自由財産とは、破産手続によって没収されずに、手元に残すことができる財産のことを言います。
手元に残すことができる財産の種類は、①現金・預貯金・積立金、②保険解約返戻金、③自動車、④敷金・保証金、⑤退職金、⑥電話加入権であり、合計99万円までとなります。
なお、③自動車については、購入額ではなく、査定評価額でカウントします。
④敷金・保証金については、契約上の金額から滞納賃料および60万円(明渡費用等)を控除した金額がカウントされます。
⑤退職金については、原則として、仮に現時点で退職する場合の支給見込額の8分の1でカウントします(ただし、例えば、退職金が近々支給されるような場合については、4分の1とするなど、事案に応じた評価が行われることがあります)。

この点、家計収支に相当程度の余剰が生じている場合や、対象財産が破産者の経済的再生のために必要とは言えない場合など、破産管財人や裁判所の判断で、自由財産の拡張の希望の全部または一部が認められないことが理論上はあり得ます。
しかし、多くのケースでは、自由財産の拡張の申立てのとおりに、99万円までの財産を手元に残すことが許可されますので、それほど心配する必要はありません。

借金・債務整理に関するQ&A一覧

No ご質問
1 自己破産とは?
2 民事再生(個人再生)とは?
3 任意整理とは?
4 過払い金返還請求とは?
5 消滅時効とは?
6 自己破産の同時廃止事件とは?
7 自己破産の管財事件とは?
8 自己破産の同時廃止事件と管財事件はどのように振り分けられますか?
9 免責不許可事由とは?
10 借金の原因がギャンブルや浪費でも自己破産できますか?
11 子どもが学生時代に借り入れた奨学金について、社会人になった子ども自身が遅延なく返済を継続していますが、連帯保証人・保証人になっている自分がこれから自己破産をする場合に、奨学金の一括返済を求められたり、別の連帯保証人・保証人を立てることを求められたりすることはありませんか?
12 子どもが大学・専門学校に在学中で、奨学金を利用して毎月一定額を借り入れ、私が連帯保証人・保証人になっているのですが、私がこれから自己破産をする場合でも、奨学金の利用を継続することは可能でしょうか?
13 子どもが大学・専門学校への進学を控えており、奨学金を借りることを予定していますが、私がこれから自己破産をする場合には、私は連帯保証人・保証人にはなれないのでしょうか?
14 自己破産の管財事件では予納金はいくら用意しなければなりませんか?
15 自己破産をすればすべての財産を失ってしまいますか?
16 自由財産の拡張とは?
17 自由財産の拡張において99万円を超える財産はどのように取り扱われますか?
18 自己破産をすれば家族に知られてしまいますか?
19 自己破産をすれば職場に知られてしまいますか?
20 会社員が自己破産をしても今の会社で仕事を続けることはできますか?
21 個人事業主(自営業者)が自己破産をしても事業を続けることはできますか?
22 自己破産をすればすべての借金を免除されますか?
23 小規模個人再生とは?
24 給与所得者等再生とは?
25 小規模個人再生と給与所得者等再生ではどちらを選択するべきですか?
26 民事再生(個人再生)をすれば財産を失ってしまいますか?
27 民事再生(個人再生)をすれば返済の額や期間はどのようになりますか?
28 ローンで購入した住宅を維持したままの民事再生(個人再生)は可能ですか?
29 住宅資金特別条項付個人再生をする場合の住宅に関する決まりは?
30 住宅資金特別条項付個人再生をする場合の住宅ローンに関する決まりは?
31 住宅資金特別条項付個人再生をする場合に住宅ローンの支払も軽減できますか?
32 民事再生(個人再生)をすれば家族に知られてしまいますか?
33 民事再生(個人再生)をすれば職場に知られてしまいますか?
34 任意整理をすれば家族や職場に知られてしまいますか?
35 任意整理をすれば財産を失ってしまいますか?